春の季節会席  春菜つみ

待ち遠しかった春の芽吹きをいただきます。身体を目覚めさせ活動のためのスイッチを入れる春の食材。昔からの知恵ですね。季節会席では旬のものをたくさん使っていますので季節毎にお召し上がりになられることをお勧めします。
一つ一つ丁寧にこしらえた全10品で旬を味わってください。料理人 吉田の気質が伝わる繊細な調味で素材のそのものが良く味わえます。濃い味の料理が多い昨今、吉庵の淡く複雑な旨味は人間のあらゆる感覚が研ぎ澄まされるような気がします。10品とも手の込んだお料理でこのお値段は絶対にお得です。ぜひご賞味ください。

その他のお献立に戻る



先付  先付 <白和え>
 まずは桜の花の塩漬けではじまります。芹、ほうれん草、こんにゃく、人参、アーモンド、


蒸物  蒸物 <桃花餅>
 淡い桃色がきれいな桃花餅、中は蓮根のお団子、出汁もたまらなくおいしい。結び蕗、花びら独活、木の芽


お刺身  お刺身 <ひらめ薄造り>
 淡白だが上品な旨味と目を楽しませてくれる透き通ったヒラメ。中央はエンガワ、コリコリして美味しい。


八寸  八寸
 まず熱々ふっくらの春のスフレからいただきます、筍が香ばしく焼かれて印象に残ります。右、蛤の器には白身魚の山かけ、きりっとしたお酢が魚の旨味を引き出してくれます。手前左の天婦羅はしらさ海老と独活の先葉、海老の頭は絶対食べてください。手前右、筍と烏賊の木の芽和え、あらためて木の芽味噌は気品のある日本独特のソースですね。中央は空豆の蒸し御飯、ぜひ最中ごと手で持ってガブッといってください、たまらなく香ばしい美味しさが広がります。  八寸皿:阿南是也 作



煮物  煮物 
 鯛と春キャベツのお浸し。ふっくらとした鯛としゃきっと歯触りのキャベツに想定外にパンチのあるだし汁。器の中の段階でなじませずに口中でバランスさせるタイプですな、きっと。牛蒡の素揚げが効いてます。


油物  油物 <山芋揚饅頭>
 香ばしいさくっとした舌触り、大きな山芋の揚饅頭が銀あんに浸かっています。定番の人気の一品です。


替り皿  替り皿 <牛のステーキ>
 最高級霜降り牛ロースのステーキ、ステーキソースで一段と香ばしく焼かれています。付け合わせの野菜も焼具合に卒がない。


酢の物  酢の物 
 帆立焼き霜づくり、焼き椎茸、菜の花、マスタード、八朔のゼリー。シトラスの香りいっぱい。満喫。


ちらし寿司  御飯 <ちらし寿司>
 鮃の昆布締め、スナップエンドウ、いくら、椎茸、海老、錦糸卵、酢飯自体が美味しいのでいくらでも食べられますね。よもぎ麩、梅人参、和がらしの白みそ仕立て。


デザート  デザート <苺ババロア>
 とてもミルキーなカスタードのババロア、苺、ミント葉
器:阿南是也 他
写真・料理コメント:安東幸夫

お献立に戻る  




ホームご挨拶お献立ごあんないご予約についてアクセスはリンク

kichian_s.jpg