夏の季節会席  夏穂風

暑い日が続くと体力を消耗しやすくしかも食欲も低下しがちです。夏の季節会席は楽しんで食べられ疲労回復にも有効な夏の食材を使用します。旬のものをたくさん使っていますので季節毎にお召し上がりになられることをお勧めします。
一つ一つ丁寧にこしらえた全10品で旬を味わってください。料理人 吉田の気質が伝わる繊細な調味で素材のそのものが良く味わえます。濃い味の料理が多い昨今、吉庵の淡く複雑な旨味は人間のあらゆる感覚が研ぎ澄まされるような気がします。10品とも手の込んだお料理でこのお値段は絶対にお得です。ぜひご賞味ください。

その他のお献立に戻る



付きだし  付きだし <氷室豆腐>
 氷室に見立てたジュレの下の豆腐。見た目にも涼しげです。塩雲丹、わさび、大葉の薬味で食欲を呼び起こします。


お刺身  お刺身 <ひらめ薄造り>
 淡白だが上品な旨味と目を楽しませてくれる透き通ったヒラメ。中央はエンガワ、コリコリして美味しい。


蒸し物  蒸し物 <水玉枝豆>
 くずの衣をまとった枝豆あん、お出汁と一緒にいただきます。くず打ち鱧、冬瓜、人参、ゆず。


煮物  煮物 <ずいき>
 日頃食べることのないズイキ、シャキシャキとしてずいぶん堪能できますねこれは。椎茸も顔をのぞかせ胡麻で和えられてます。


八寸  八寸
 柿の葉の上の鮎と茄子はタデの葉味噌をつけてふっくらと焼かれていい香り。小芋のきぬかつぎもほくほく。器はキスと胡瓜の酢の物。カゴはカボチャと芝えびの素揚げ、頭ごとカリカリで美味しいですよ。笹皿は枝豆と白瓜の昆布締め、昆布の旨味で美味しくいただけます。
八寸皿:阿南是也 作



油物  油物 <山芋揚饅頭>
 香ばしいさくっとした舌触り、大きな山芋の揚饅頭が銀あんに浸かっています。定番の人気の一品です。


酢の物  酢の物
 大きな帆立貝柱がゴロリと茹でレタス、ひらめのたたき、オクラ、海老、モロヘイヤを土佐酢のジュレでまとめています。


替り皿  替り皿 <牛ステーキ>
 最高級霜降り牛ロースのステーキ、あっさりしたステーキソースで一段と香ばしく焼かれています。付け合わせの野菜も熱いうちに。


御飯  御飯 <うなぎ寿司>
 ふっくらとおいしいうなぎをちらし寿司でいただきます。そば米の山かけは懐かしくザクザクとした歯触りは心地よい。そば湯汁とお漬け物。


デザート  デザート <トウモロコシのババロア>
 野菜のトウモロコシがこんなに菓子として成立するとは意表をつかれた。しかもババロアで。カラメルソースとベストマッチング!
器:阿南是也 他
写真・料理コメント:安東幸夫

お献立に戻る  




ホームご挨拶お献立ごあんないご予約についてアクセスはリンク

kichian_s.jpg