吉庵のお料理  冬の花

予想のできない天候に翻弄されつつ寒さも一段と厳しくなってきた今日この頃。
今回、吉庵の冬の花は、身体を温める根菜類や滋養食材を中心に美味しく食べられる配慮がなされています。
日本人は昔から年に一度でも時期の物を食すことで長らえてきたように思います。
料理人 吉田の気質が伝わる繊細な料理は素材のもつおいしさをただ引き出しただけなのかもしれません。
濃い味の料理が多い昨今、吉庵の淡く複雑な旨味は人間のあらゆる感覚が研ぎ澄まされるような気がします。全品とも手の込んだお料理でこのお値段は絶対にお得です。ぜひご賞味ください。
なお今回はボリュームを考慮して9品のコースとしております。

その他のお献立に戻る



付出し  付出し <変り豆腐>
 お豆腐です。ソースも面白いですが、酒粕を練り込んだ豆腐の妙味なアペリティフです。洋梨のソースとブルーベリーがチーズケーキを思わせるような。


蒸し物  お刺身 <ひらめ薄造り>
 淡白だが上品な旨味と目を楽しませてくれる透き通ったヒラメ。中央はエンガワ、コリコリして美味しい。


蒸物  蒸物 <柚子釜蒸し>
 柚子を釜に見立て、お宝ざくざくの茶碗蒸し。車海老、松茸、生麩、ガン、百合根、銀杏、鱧、三つ葉


八寸  八寸
  手前左からかますの柚庵焼き、干し柿きぬた巻添え。ほくほくの焼き具合はかますとは思えないほど。手前右は鯛の昆布〆寿司、すし飯は舌触りも絶品。中央は栗渋皮煮黒蜜仕立、左奥はなまこおろし和え、当たり前なのだろうがなまこのしめ具合も流石。右奥は芝えび素揚げ、むかごと銀杏の松葉、海老の素揚げに銀杏の薫りはまさに醍醐味。
八寸皿:阿南是也 作



油物  油物 <山芋揚饅頭>
 香ばしいさくっとした舌触り、大きな山芋の揚饅頭が銀あんに浸かっています。定番の人気の一品です。


焼物替り  焼物
 香ばしい匂いとともに登場は朴葉の焼物。かぶら、人参、しめじの塩麹焼、牛ステーキ、すべてが熱々で、焼くだけでこんなに美味しいのかと思えます。


酢の物  酢の物
 車海老、ベビーリーフ、帆立、酢蓮根、そばの実、アーモンド、牛蒡の素揚げ、黄身酢がらし、塩ポン酢。
牛蒡の素揚げはヒットスナックになりそうなくらい美味しい。


御飯  御飯 <蓮根の炊込み>
 蓮根の炊込み御飯。蓮根、かぶら軸、南関揚げ。蓮根の歯触り、噛むことが楽しくなるお米のツブ立ち。ふっくらした御飯に甘い香りの白みそ汁。漬け物もちょうど良い漬かり具合なのがうれしい。白みそ汁は大きなそばもち入り。
デザート  デザート <リンゴのムース>
 なんだムースかと思いきや、食べなきゃ分からないほど濃厚なリンゴの果肉だ、これは。
器:阿南是也 他
写真・料理コメント:安東幸夫

お献立に戻る  




ホームご挨拶お献立ごあんないご予約についてアクセスはリンク

kichian_s.jpg